コーラの空き瓶のコレクション

私の知ってる方で、コーラの空き瓶をコレクションしている方がいるのです。
今では食品スーパーには瓶入りのコーラは売っていません。なので、コーラの空き瓶を見る機会は大幅に減ったように思います。

 

それでも田舎の小売店などでは、未だに瓶のコーラを販売しており、その中には珍しい瓶も混じっているのだそうです。
このようなコーラの空き瓶は、コーラを飲んだ後にお店に回収してもらうことが一般的でした。
私の住んでいた地域では、 1本あたり10円だったと思います。

 

それくらい瓶を作るためにコストが必要だったということだと思います。
コーラの瓶をよく見ると、今となってはインテリアにも使えそうなぐらいかっこいいと思うのは確かです。
ただ、見て楽しいと思うのは1本が限度で、これを50本も100本をコレクションするとはどういう神経なのか?と思ってしまいます。

コーラの瓶は、新しく製造されず昔の瓶を回収して使用されるので、製造した年代により、デザインが違ったタイプが存在するということ。
プリントが若干違っていたり瓶の形状が古いタイプであったりすると、
価値が高い(本当に高い値段で売買されているかは疑問ですが?)と言うのです。

 

コレクターにとっては、ちょっとした変化が楽しいのだと思います。
実際に価値の高い瓶を見せてもらったわけではないですが、たいした違いでは無いと思うのです。
実際に見せてもらい私がハマってしまうと困るので絶対に見ないですが。