我が家の冬場の定番レシピ

粕汁が好きなので冬場は十日に一度くらいのペースで作ります。
大根や人参など、実家の畑で採れる野菜をたくさん使い、あとはコンニャクや小芋を入れて、スーパーで買った酒粕を入れて煮込めば、
体をポカポカに暖めてくれる粕汁の出来上がりです。
今は自己流でアバウトに作っていますが、以前レシピを調べてみた時、日本酒も粕汁に足すとより風味が出ると書いてあったため、
試してみると、お酒の香りがかなり強くなって、
アルコールに弱い私には刺激が強く、酔っぱらいそうになりました。
だし汁に醤油を入れるだけでは味が出ないので、油揚げを入れるのが私の実家流ですが、
ある時の新聞でグルメと名高い作家が、子供の時に母親が作ってくれた粕汁の話をしていて、
ぶりのアラに塩をまぶしたものを一緒に入れると
旨みが出てとても美味しくなると書いており、私も読んでいるだけで美味しそうだと感じたので、それからは入れるようになりました。
注意しなければいけないのは、美味しくしようと思って、アラを入れすぎると逆効果だということです。
以前欲張ってたくさん入れすぎて、味がしつこくなってしまい、汁に油が浮いているという状態になってしまったことがあり、
それからは適度な量を入れることにしています。
ぶりだけでなく、鮭を入れても美味しく、スーパーの魚売り場でアラを見かけた時には、大目に買っておき、
大きすぎるものは家で分解してから、すぐ使えるように小分けにして冷凍しています。